就活・転職

【経験談】薬剤師で週休3日働いたメリットとデメリット

週休3日で働きたく、去年から週休3日の月もありました!

そこで週休3日を半年続けていた僕が感じたメリットとデメリットをあげていきます。

結論から言うと、週休3日が良いなと感じました。

薬剤師として週休3日で働いて感じたメリット

後ほど詳しくでてきますが、平日に必ず休みがあるのは大きかったです。

土日+平日1日におやすみをもらっていたのですが、リズムができてからは充実していました。

仕事が楽しくなった

驚かれるかもしれませんが、勤務日数を減らしてから楽しくなりました。

全体で働く時間が減ったからということもありますが…

勤務日数を減らす前と同じパフォーマンスを出そうとした結果、仕事を工夫するようになって、効率的になっていく過程が楽しくなりました。

また、おやすみの前日になると、死ぬ気で仕事を終わらせようとなりますし、自分がおやすみをいただいても問題が起こらないようにする方法を考えるようになったり。

自分の抱えている業務を1秒でも早く終わらせる方法や分かりやすく引き継ぐ方法を考えたり、と改善を意識するようになりました。

以前よりも、1つ1つの仕事が楽しくなりました。

節約するようになった

働く時間が減ることで時給が上がらない限り、収入も減るためお金を使う直前に本当に必要なものなのか?と自分に問うようになりました。

家計簿も付けるようになり、浪費が減りました。

飲みに行く機会もほとんどなくなりました。(というよりは誘われなくなったのかな…?泣)

引っ越しの時は本当に金欠になって食事の回数も減らしたりしました。

自由に使える時間が増えた

興味のある分野、仕事に使える分野を勉強する時間を増やせたのが大きかったです。

土日休みの時では、土曜日は1日寝て終わってしまっていたので、日曜日しか勉強する時間がありませんでした。

土日に加えて平日におやすみが増えたことで、ゆっくり自分の将来について考える時間も作れました。

将来を考える時間ができてからは、時間の使い方や人との関わり方が変わってきました。

関わる人がガラッと変わりましたし、尊敬する人とも関われるようにもなりました。

平日に休みがある

どこのお店もすいているのは最高でした。

カフェでゆっくり本を読んだり、作業したり、ボーッと壁を眺めたり…笑

平日に休みがあると、仕事で分からなかったところやフィードバックを受けたことを振り返る時間も作れて成長スピードが上がりました。

「平日休みだと友達と予定あわせられないんじゃないの?」

と聞かれますが、僕は友達と遊ぶことが元々少なかったので大丈夫でした(寂)

心の余裕ができた

心の余裕ができてからは、以前からいつかやってみたいと思ってたことができ、行動力が上がりました。

ジムに通うようになったり、カフェに行くようになったり、本屋に通うようになりました。

心に余裕が持てるようになってからは怒ることもなくなり、怒る感情が湧いた時にその感情に向き合えるようになりました。

hori

あの時どこに自分は怒っていたんだろう?

いわゆる自己分析をすることが多くなって、

  • 自分は何者なのか?
  • 昔好きだったことは何だったか?
  • 何が得意なのか?
  • どういう時に必死に慣れるのか?
  • やりがいを感じる時は?

などが分かってきました。

週休3日のメリットまとめ
  1. 仕事が楽しくなった
  2. 節約するようになった
  3. 自由に使える時間が増えた
  4. 平日に休みがある
  5. 心の余裕ができた

薬剤師として週休3日で働いて感じたデメリット

強引にあげた部分をあり、そこまでデメリットの色は強く感じませんでした。

ですが、振り返ってみるとたしかにあったデメリットをあげていきます。

収入が減った

勤務時間が減ったことで収入も減りました。

国試勉強をしていた時には薬剤師になったら豪遊できると考えていたので、その時と比べると正直、落差はあります(笑)

イレギュラーな支出があると絶望するレベルです。

ですが、それによって家計簿をつけるようになったり、メリットであげたように節約するようになって浪費が減ったなど恩恵もあります。

世間体が悪い

同級生の薬剤師からは、あんまりよく思われていないだろうなというコミュニケーションを受けます。

特に「アルバイトで薬剤師をしている」と言うと正社員じゃないの?と聞かれることが多いです。

正社員で週休3日はまだ日本だと少ないですからね…

ですが、この世間体が悪いというデメリットも周りの目を気にしないきっかけになって、今では克服することができました。

克服できたことで以前よりも行動力が増しました。

業務の変更に追いつけない

特に変化が著しいベンチャー企業や中小企業の場合だとモロに感じます。

平日の1日だけで?と思われるかもしれませんが、変化が著しいとついていけません(笑)

休みの日はあまり見ませんが、移動時間や筋トレのインターバル中などはちょこっと連絡が来ていないかどうか見たりしています。

変化を好まない方は週休2日で、大手がオススメです。

時間管理ができないとグダる

休みの日も予め予定を決めていないと、NetflixやAmazonプライムをゴロゴロ観て過ごして終わってしまうこともあります。

やりたいことがあるから週休3日にするのは良いですが、働きたくないから週休3日にすると何もしないで1日が終わってしまいます。

自分で時間管理することが苦手でグダる日が増えてしまうならば、週休3日にせずに週休2日で貯金した方が良いかもしれません。

週休3日のデメリットまとめ
  1. 収入が減った
  2. 世間体が悪い
  3. 業務の変更に追いつけない
  4. 時間管理ができないとグダる