薬局実習の目標を行く前から持てなくても当たり前なので気にしないでOK

薬局実習

ごきげんよう

薬学部6年生のhori(@hori_nichijyou)です

便秘気味の<br>薬学生
便秘気味の
薬学生

明後日から薬局実習なんだけど、マジで緊張やばい。

不安で<br>寝れない<br>薬学生
不安で
寝れない
薬学生

何か目標持って実習行った方が良いよね…

薬局実習が始まるまでは色々な不安があると思います。

今回は、より良い薬局実習にするためにどのような目標を持てば実習をより良いものにできるかについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

薬局実習に行く前にどんな目標を持てばいいのか?

真面目な<br>薬学生
真面目な
薬学生

何か目標を持って薬局実習に臨みたいのですが、普段から薬局に行くこともないので実習のイメージがつきません。
どうやって目標を決めたらいいのでしょうか?

結論から申しますと、、、無理に持たなくて良いと思います。

この真面目な薬学生の仰る通りだと思います。

仮に普段から薬局に行くことがあったとしても、どのような業務をしているかまで把握することは難しいことだと思います。

一応、私は薬局実習に行く前に目標を持つことが出来ていました。

普段から薬局に行くことはないのですが、実習先の薬局さんがどのような薬を多く扱っているのかという情報を指導薬剤師の先生が大学の先生に話していたそうで、それが偶然私の耳に入ってきたからです。

なので、行く前から「〇〇〇薬をマスターして実習を終える」という目標をとりあえず持ち、そのためにも○○○薬について予習してから薬局実習に臨みました。

具体的に何を学べたのかについては、下の記事をどうぞ↓

薬局実習に行く前は目標を持てなくて当然であると思います。

何か目標を持っておきたい方のために説明します。

例えば、実習先が内科クリニックの門前であれば、実習先で取り扱うことが多い医薬品は内科系疾患に関連したものになってくる思います。

なので、指導薬剤師の先生から情報をいただける機会がなくても、実習先の周辺に医療機関がないか調べて、もしあれば実習先で頻繁に扱う医薬品が推測することができます。

何か目標を持って薬局実習に臨みたい方は、実習先について調べてみれば見つかるかもしれません。

薬局実習が始まれば、自然に目標を持つことができますので不安になる必要はありません。

次は、薬局実習中に持つと良い目標について解説していきます。

薬局実習中は週ごとに目標を決める

ここでは、薬局実習が始まってから私が週ごとに設定した目標をざっくり紹介します。

  • 1~3週
    処方箋通りに間違えずに薬をピッキングする

    医薬品の発注・検品の仕方を覚える
    調剤棚の3分の1は商品名と成分名を一致させる

  • 4~6週
    軟膏の混合に時間をかけすぎない

    透析の方に処方される薬の作用機序を理解する
    調剤棚の3分の2は商品名と成分名を一致させる

  • 7~9週
    分包に時間がかかってしまうのでコツを見つける

    散剤の分包を正確にできるようにする(超苦手でした)
    患者さんへのアンケートをスムーズにできるようにする

  • 10~11週
    できない業務をなくす

    調剤棚のすべての商品名と成分名を一致させる
    笑顔で実習を終える

こんな感じで毎日実習をやっていると、自分の苦手なことや足りないものが次々に見えてきます。

最初は出来なくて当たり前ですが、同じミスは防ぐことができます。なので、1回ミスしてしまったら何故ミスをしてしまったのかを考えることで、次の週の目標を決められると思います。

4週目~9週目になるとある程度の業務になれてきて少し天狗になりがちでした。ですが、そういう時ほどミスが起こりやすいです。

実習の中盤は同じミスに気を付けることを目標にする。

余談ですが、10~11週の「笑顔で実習を終える」という目標は、なかなかハードでして、最終日の実習が終わった後、駅のホームで電車を待っている時に11週間の薬局実習が終わったという達成感と明日からもう薬局実習がないんだという喪失感に襲われて涙腺がパンパンでした笑

薬局実習を終えてちょうど1年経つのですが、そんな私でも記憶に残ってるぐらい薬局実習は人生において特別なものになりました。

目標を持って薬局実習に臨むことで、ただ何も考えないでやるよりも知識の定着度合いが全然変わってくると思います。

まとめ

薬局実習前は無理に目標を持たなくてもOK!

実習が始まったら週ごとに目標を持つことで定着しやすくなる!

薬局実習についてもっと具体的なことが知りたい方はこちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました