キャリア

新卒でベンチャーを経験するメリット

新卒で大手調剤薬局に就職して、4ヶ月で退職後、現在はベンチャーのオンライン薬局で働いているhoriです🙌

就活生

新卒でベンチャーに就職するのって辞めた方がいいのかな?

こういった疑問に答えていきます!

この記事を読んでわかること
  • 新卒では大手企業に就職した方が良いのか
  • ベンチャー企業ってどんなスキルが身に付くのか
  • 大手企業とベンチャー企業の違いって何だろう

ベンチャー企業ってなに?

ベンチャーとは、企業として新規の事業へ取り組むことをいう。このような事業をベンチャービジネスという。事業は新規に起業したベンチャー企業によって行われるものを指すことが多いが、既存の企業が新たに事業に取り組む場合を含む。

Wikipediaより

企業によるベンチャーには次のような期待があります。

  1. 新たな市場分野の開拓
  2. 新規の雇用の創出
  3. 新たな技術やビジネスモデル(イノベーション)の創出

結局、ベンチャー企業って何?

中小企業と一緒と考えてもらえば大丈夫です!

それでは本題に入りますね🙌

新卒では大手企業に就職した方がいいのか

「責任を伴う仕事をしたい」、「早く高い役職につきたい」という方にはベンチャー企業が向いています。

逆に「なるべく責任を伴いたくない」、「ずっとヒラでいい」という方は大手企業の方が向いています。

ベンチャーで得られるスキル
  • ルール・制度づくり
  • 相手に伝えるスキルが磨かれる
  • 演繹な思考力

今のベンチャーのオンライン薬局にお世話になり始めてから、もうすぐで1年になります。

様々なスキルが身につきましたが、上記の3つが特に磨かれてきました。

何も整っていないことが当たり前な環境です。

0→1を生み出す場ですからね。

相手に伝えるスキルが磨かれる

例えば、当時は研修のマニュアルなどもありませんでした。

最近こそ研修のマニュアル作成・ルールづくりにリソースを割けるようになり、以前よりは整ってきました。

マニュアル作成・ルールづくりをする上で初心にかえることが重要です。

  • 「最初って何がわからないかもわからなかったよなぁ…」
  • 「何から伝えて貰えればわかりやすかったんだろう」
  • 「どのような図解で見せて上げたほうがイメージしやすいかな」

新人の時の自分の記録を見返して、どのような見せ方をすれば相手に伝わりやすいかを必死に考えるきっかけになりました。

演繹な思考力が身に付く

帰納法とは複数の具体的な事実から同一の傾向を抽出して、結論に持っていくことです。

演繹法とは帰納法の対となる論理的推論方法です。

必然に必然を重ねることで結論にいたるプロセスを経る方法です。

目標を達成するための戦略や方針を過去の実績の上に次の展開を積み重ねるときは演繹法を使うイメージです。

大手企業とベンチャー企業の違いは?

大手企業

  • 教育研修制度が整っている
  • 他部門へ異動しやすい
  • 福利厚生が充実している
  • 会議が定例化している
  • 月1で上長、上長の上長と面談できる
  • 同期が多く悩みを共有しやすい

ベンチャー企業

  • 少人数なので全員と関われる
  • 風通しが良い
  • 個として見てくれる
  • 様々なことが出来るようになっている
  • 発言しやすい
  • 意見が通りやすい

大手企業、ベンチャー企業のどちらも良いところが多いです。

2つを経験して人によって合う合わないが大きいと感じました。

そのためにも自己分析は大事だなと気付かされます。

薬局の就活って落ちることはあるの?【あります】 hori 薬局の就活で落ちることってあるのかな...。合格するためにはどうすればいいの? こう思ったことありませんか? 筆...

自己分析についてはこちらの記事を参考までに。

新卒でベンチャーに行くと良いと感じた点

  • やってみたいことに挑戦しやすい
  • 優秀すぎる人と関われる
  • 様々な経験がいつのまに出来ている

若いうちに経験を買ってでもして、30代ぐらいにはラクしたいと考えている方にはピッタリです。

ベンチャーに行くか迷っている方はぜひ相談してくださってかまいません。

Instagram→@detemiru95

Twitter→@deteminai95

僕は20代のうちは『最低限の生活資金>経験>貯金』がオススメです。