キャリア

筋トレから学べたこと

筋トレ起点で考え方が変わったことで、日常や仕事でも変わったことがいくつかあったので、言語化してみました。

これから筋トレ始めようって方ではなく、毎日を最高にしたい方に向けて書いてみます。

当たり前なことを書いているように見えますが、当たり前だからこそ気づいていませんでした。

考えていてもやらなきゃ意味ない

どんなに良いアイデアがあっても、やらなきゃやっていないのと同じだと学べました。

筋トレ欲があっても、筋トレをしないと筋肉は大きくなりません。

もっというと、限界だと感じてからあと何回できるかで翌日や翌々日の筋肉痛の度合いが変わってきます。

「考えてもやらなきゃ意味ない」は、人生のどの場面にもいえることだと日常から感じます。

仕事で置き換えてみると…

意見やアイデアだけが一丁前でも、実践して成果に表れなかったら何にもやっていないのと同じということです。

当たり前のことですが、筋トレを始めるまで気づけていませんでした。

  • 大変ですね〜
  • 疲れましたよね〜
  • キツかったですよね〜

この発言自体を否定はしませんが、そこからもっとラクになるにはどうすればいいか?まで考えられてはいなかったなぁと…。

インプット:アウトプット=8:2は危険サイン!

  • 大変ですよね〜
  • 疲れましたよね〜
  • キツかったですよね〜

自分がこの状態になっているかどうかは、なかなか自分では気づけないものです。

この状態に陥っているかどうかを確認する方法は「インプット:アウトプット=8:2」になっていないか振り返ってみることです。

僕はNotionというツールを用いて毎日、日記という形で言語化しています。

こんな感じ

最近Notionにハマってます!

そして、移動中に言語化した日記を振り返ることで「最近、インプット多いから良くない傾向だなぁ」と気づけます。

気づいた時に「インプット:アウトプット=2:8」に修正していますが、はじめはすぐに戻っちゃっていました。

この割合で1日過ごしてみると、圧倒的に行動量が増えるのでオススメです!

様々な考え方を識り、実践してみる

今日までの自分になかった考え方や情報を識るのが大事だなと学びました。

筋トレ自体に様々なやり方があります。

  • どの部位を鍛えたいのか?
  • どのくらい筋肉を大きくしたいのか?

これらによってやるべきトレーニングが変わります。

パーソナルトレーナーの友人に筋トレの知識や情報、考え方を教えてもらって実践して体感しました。

具体的には器具の使い方や食事について教えてもらったのですが、著しく身体の見栄えが変わりましたね。

久しぶりに会った友人から、hori体型変わった?と聞かれるぐらいです。

「識る」のがポイント

「識る」とは、

物事を見分け、知り分ける。語る。

Google検索上位より

このように書かれています。

僕は「識る」は、考え方や情報を知ったらそれがどのように自分に活かすことが出来るかまで知ることだと考えています。

ただ知るだけでは意味がなく、知ってどのように自分に活かせるかが大事かなと。

新しい考え方を常に取り入れるところでストップするのではなく、それをどのように転用できるのかイメージするところまでやるようになりました。

筋トレがもたらす健康

風邪をひかなくなったことが一番大きいです。

週2の筋トレを習慣化しただけで風邪を全くひかなくなりました。

そして、毎日健康だと、いつでも何でも出来る状態でいれるので、やらなきゃいけない時にやれます。

筋トレで健康になった理由の一つに筋トレをはじめたことによって、どうせならその努力を無駄にしたくないと思い、食事も考えるようになったこともあります。

トレーニング(運動)を行うことで身体が自然に疲れますので、睡眠も良質になります。

  • 睡眠
  • 食事
  • 運動

筋トレすることで、この3つが勝手に揃っちゃうんですよね。

筋トレから学べたこと
  • 考えていてもやらなきゃ意味ない
  • 様々な考え方を識り、実践してみる
  • 筋トレがもたらす健康