キャリア

7ヶ月26日ぶりの薬局薬剤師

ごきげんよう🔅

昨日(2021/03/26)、7ヶ月26日ぶりに薬局で1日バイトさせていただきました!

自分の知識がフルに生かされる感覚だった

薬学生〜今日にいたるまでの全ての知識が生かされる感覚があった。

そして自分は、人から感謝されるとモチベーションになるということに改めて気づけた。

半年以上、患者さんから対面で感謝されることが無かったので新鮮な気持ち😌

臨床の現場は助け合い精神

薬局は、事務さんと薬剤師がお互いに支え合い、ミスを言える環境が最強だなと感じた。

昨日お世話になった薬局は、まさにそういう薬局だった。

人間関係が最重要という前提で互いを支え合い、ミスを言い合える薬局だった。

もちろん患者さんが第一という意識で。

今まで大手の調剤薬局を数店舗経験しただけの自分からは想像しにくい雰囲気。

忙しくてもピリピリ感がなく、互いを支え合い、その後に反省するという凄い薬局だった。

薬剤師として働くならば患者さんと対面すべき

これを強く感じました。

常に対面で関わるというよりは、年に1回、半年に1回、月に1回ぐらいの頻度です。

また、薬剤師の資格を持っているならばではなく、薬剤師として働くならばです。

久しぶりに薬局薬剤師をやった感想

  • 服薬指導を通して患者さんとお話するのが楽しかった
  • 意外と身体が覚えていて動けた
  • 責任感のある仕事だと改めて思った

スーパー事務さんのお陰でなんとか務まりました😭

仕事においてチームワークがこれほど大切なのだと感じましたね…

この1年でカラフルなキャリアを積めた

  • 大手調剤薬局
  • 中小調剤薬局
  • ベンチャー薬局

自分で言うのもアレだけど、新卒1年目でこれらを経験した人って居ないんじゃないかな笑

だからこそ、色々な人の立場を知れて幅が出てきた。

〇〇な人からしたら良く思われても、✕✕な人からしたら良く思わないだろうなとか。

だから△△っていう伝え方にしよう!という具合へ。

ただの伝言ゲームではなく、全体感を見た伝言ゲームを出来るようになった感覚。

大手調剤薬局

お世話になった数店舗だけでも、薬局ごとの文化・性質があった。

でも、大手ならではの特徴は仕組み化されている部分が多いところ。

なので別の店舗に応援に行っても機械を使いこなせる。

中小調剤薬局

仕組み化されていない部分もある。

なので自分たちで仕組み化するのもいいし、あえて仕組み化していないところもある。

歴史がある薬局だと地域に密着しているので新患さんが少ない感覚もあった。

ベンチャー薬局

「カオス」という一言で片付けることもできる。

金融市場での「カオス」を仕組み化で攻略するのは無意味だが…

ベンチャーの「カオス」は仕組み化によって攻略できる可能性を秘めている。

問題発見能力・問題解決能力に自信がある方はベンチャー薬局に行くべき。