大学生活

学生のうちにやっておけば良かったこと7選

ごきげんよう😁 hori(@detemiru95)です!

昔にインスタでこのような投稿をしました。

インスタでは文字数制限があったので、ブログでは掘り下げていきます😁

インスタで勉強垢をつくっておけば良かった

頑張っている人を見ると『自分も頑張らなきゃ』ってなります。

さらに、人は誰かの為の方が頑張れます。

自分が頑張っていることを見せることで誰かを元気づける。

この考えで毎日勉強したことを投稿していれば最強だったなと。

インプットしたことをアウトプットできるし、まさに一石二鳥!

ちなみに、インプットとアウトプットはこのイメージを持っておくと良いです。

薬学に限らず

アウトプットをして初めてインプットを一通り完了したという考えです。

もっと読書を習慣化していれば良かった

国試の勉強を始める前に1ヶ月間、読書にハマりました。

読書にハマる前と比べて青本を読むスピード、読解力があきらかに上がっていた。

読解力というのは色々な定義があります。

ここでは、分かりやすいように『他教科とつなげる能力』と定義しています。

例えば、生物の適当に開いたページの一文を読んだ時に、

「これって薬剤でいうADMEのところの話だよなぁ。」

と連想ゲームが出来る感覚です。

もちろん勉強量にも依存しますが、日常から読書しておけばもっと連想できていました。

電子化すればよかった

電子化しても良いと思えたものは電子化すれば良かったと後悔してます。笑

変なプライドから筋トレになるとか言いながら、青本とプリントは毎回持ち運んでいました。

すべてを電子化すればいいとは考えません。

でも

  • プリントの大事なところだけを切り取って電子化しておく
  • その日に勉強した重要なところだけ写メっておく

これを朝の通学の時にチラ見するだけでも、非常に良い復習になります。

これはテスト前日に、本当に追い詰められている時に無意識にやっていたことでもありました。

勉強って自分で考えているよりもエネルギー使うから、勉強以外ではエネルギーを無駄に使わないようにした方がいいよということお伝えしたい。

もっと早く勉強を歯磨きレベルにできれば良かった

歯磨きって毎日するから、やらないと何か気持ち悪いですよね。

勉強もこのレベルまで持っていければ、強いと身を持って識りました。

 『目標のための手段を習慣化すれば最強』ということです。

6年の10月頃から国試勉強を初めて12月ぐらいにこの境地に達しました。

なんか勉強しないと気持ち悪いなぁって。

今考えたらゾッとする発言ですけどね😅(笑)

その分、習慣化すれば強いので

  1. 目的を明確にする
  2. その目的を達成するための手段を明確にする
  3. 手段を習慣化する
  4. 1ヶ月は死ぬ気で頑張る

僕は毎朝、朝問というのを投稿しているのですが、これを習慣化する時も最初の30日間は「今日はいいや」と20回くらい考えました。

でも、今では朝問を朝に投稿しないと気持ち悪いです。笑

習慣化は1つずつじゃないと無理なので、習慣化したいものを1つずつ習慣化していきましょう

本当に毎朝投稿しているので、良かったら見に来てね😃

経験や苦労を買ってでもするべきだった

社会人になると

  • 学生の時だからできたこと
  • 学生だから許されること

これらの価値が大きく見えます。

実際にもう一度、大学に通い始めないとこの権利はもらえませんからね。

でもこれって学生の時に自分で気づくことが難しいです。

なので、とりあえず経験や苦労を買うような意識でいることがオススメです。

この意識でいると勝手に「学生の時だからできたこと」、「学生だから許されること」を無意識にやれるので。

自分の人生を自分で選択するべきだった

当たり前だろっていう声が聞こえてきそうですが…

絶対に親、身近な友達、環境に影響されています。

例えば

  • 〇〇ちゃんが△学部に行くから自分も△学部に行こうかな〜
  • 親に言われたから△学部に行こう

僕自身、親が医療系だったことが理由でいつの間にか薬学部に行くという選択肢しか見えていませんでした。

このように周りに合わせて選択していると、就活の時に迷走します。

学校・大学では就職活動の仕方については全く教えてくれません。

でも、ごく少数ですがビジョンや理由が明確な友達もいました。

その人達に共通していたのは「自分で考えて選んできた」ことでした。

もっと本質を話すと「自分で考えて選んだものを正解にする」考えでした。

環境に影響されるのは避けられなくても自分で考えて選んだものを正解にする意識は持っておいた方が得します。

お金の学んでおけば良かった

  1. 資本主義について
  2. 借金について

特にこの2つについての本を時間のある学生の時にもっと読んでいれば良かったと後悔しています。

例えば、最近はインデックス投資が流行りですよね。

でも、それってアクティブ投資の市場が活発で上向きな結果だからだよね。

インデックスや住宅ローンは、上向きでいることが前提な投資であるよね。

インデックス投資を否定している訳ではありませんが…

20年後にX000万円まで増やすために年利X%で運用したい方にはオススメかもしれません。

ですが、もっと早く大金を手にしたい人にとってインデックス投資は果たして向いているのか?

【学ぶ➜疑問が生まれる➜自分なりの答えを出す➜学ぶ…】というのを繰り返すと面白いです。

止まらなくなりそうなので、ここら辺でやめます。笑

とりあえずお金を学びたい方は「資本主義について」、「借金について」学ぶと面白いので、学んでみてください。

オススメの本