朝問

【国試対策】必須問題レベル【朝問381〜390】

↓朝問まとめはこちら↓

CBT&必須問題対策【朝問まとめ】 CBT&薬剤師国家試験の必須問題レベルになっています。 移動中の時間で復習に使ってください! ...

【薬剤】ノルトリプチリンの代謝に主に関わる薬物代謝酵素はどれか?

1.CYP1A2
2.CYP2C19
3.CYP2D6
4.CYP3A4

【正解】3.CYP2D6
CYP2D6には遺伝子多型が認められ、poor metabolizarはextensive metabolizerよりノルトリプチリンが代謝されにくくなります。

【病態】心室の膜電位が再分極することによる電位変化はどれか?

1.P波
2.QRS波
3.T波
4.QT間隔

【正解】3.T波
P波:心房に活動電位が発生して、心房内を伝導することによる電位変化
QRS波:心室に活動電位が発生して、心室内を伝導することによる電位変化
QT間隔:電気的心室収縮時間

【薬理】DNAトポイソメラーゼⅠを阻害して抗悪性腫瘍作用を示すのはどれか?

1.イリノテカン
2.ネダプラチン
3.マイトマイシンC
4.ブレオマイシン

【正解】1.イリノテカン
生体内で加水分解されてできた活性代謝物(SN-38)がトポイソメラーゼⅠと結合して、酵素活性を阻害することで、DNA合成を阻害します👋

【薬理】1965年に梅沢浜夫らによって発見された抗悪性腫瘍薬で、福岡県の土壌から分離された放線菌から産生されたものは?

1.マイトマイシンC
2.ブレオマイシン
3.ドキソルビシン
4.ダウノルビシン

【正解】2.ブレオマイシン
作用機序はDNA合成阻害およびDNA鎖切断作用です。
用量規制因子は過敏症状と肺毒性で、特に蓄積毒性である肺線維症は総投与量が300mg(力価)を超えないようにする。

【薬理】DNAの切断を抑制し、アントラサイクリン系薬による組織障害を抑制する薬はどれか?

1.ドキソルビシン
2.デクスラゾキサン
3.ペメトレキセド
4.ラニムスチン

【正解】2.デクスラゾキサン
適応は「アントラサイクリン系抗悪性腫瘍剤の血管外漏出」です。
トポイソメラーゼⅡの作用を阻害することにより、組織障害抑制作用を示します。

【薬理】選択的エンドセリンETa受容体遮断薬はどれか?

1.アンブリセンタン
2.ペランパネル
3.メカセルミン
4.ボセンタン

【正解】1.アンブリセンタン
【適応】肺動脈性肺高血圧症
肺血管に存在するエンドセリンA受容体を選択的に阻害することでエンドセリン上昇に伴う血管収縮や細胞増殖・肥大化などの有害作用を抑制します。その結果、肺動脈圧や肺血管抵抗が低下し、肺高血圧症に伴う種々の臨床症状が改善します☝🏻

【薬剤】バルプロ酸の血中濃度を低下させ、てんかん発作が再発することがあるため、禁忌となる抗生物質はどれか?

1.カルバペネム系
2.マクロライド系
3.アミノグリコシド系
4.セフェム系

【正解】1.カルバペネム系
カルバペネム系抗生物質は、バルプロ酸のグルクロン酸抱合を亢進し、バルプロ酸の血中濃度を低下させてしまうことで、てんかんの発作が誘発されることがあるため、併用禁忌である。

【病態】鉄欠乏性貧血において、上昇する検査値はどれか?

1.総鉄結合能
2.ヘモグロビン
3.血清鉄
4.フェリチン

【正解】1.総鉄結合能
◆総鉄結合能🔼
鉄欠乏性貧血では、総鉄結合能(TIBC)と不飽和鉄結合能(UIBC)は増加します。
◆ヘモグロビン🔽
骨髄へ鉄の供給が減少することで、ヘモグロビン合成は低下します。
◆血清鉄🔽
血清鉄(トランスフェリン結合鉄)とは血液中の存在する鉄のことで、減少します。
血清鉄は、はじめにフェリチンが減少してから、減少します。
◆フェリチン🔽
鉄欠乏性貧血では、まず貯蔵鉄の指標である血清フェリチンが減少します。

【薬理】サイトメガロウイルス肺炎治療薬として用いられるものは?

1.ホスカルネット
2.リファンピシン
3.レボフロキサシン
4.ミカファンギン

【正解】1.ホスカルネット
DNAポリメラーゼのピロリン酸結合部位に直接作用して、DNAポリメラーゼを阻害し、サイトメガロウイルスの増殖を抑制します。
ミカファンギンは真菌性肺炎治療薬で、真菌の細胞壁の成分である1,3-β-D-グルカンの合成を非競合的に阻害します。

【薬剤】再分散が困難な沈積体を形成することを指す言葉はどれか?

1.エマルション
2.ケーキング
3.コアセルベーション
4.サスペンション

【正解】2.ケーキング
◆エマルション
液体粒子が他方の液体中に分散したものを乳剤(エマルション)
例えば、乳濁性注射剤やクリーム剤がエマルションの製剤にあてはまります。
◆ケーキング
再分散が困難な沈積体を形成することをケーキングと言います。
懸濁剤の自由沈降によって起こります🍰
◆コアセルベーション
親水のコロイド溶液に有機溶媒または反対電荷のコロイドを混合するとコロイド粒子が凝集してコロイドの高濃度溶液(コアセルベート)と低濃度溶液の2相に分離することをコアセルベーションと言います。マイクロカプセルの調製に利用されるらしいです💊
◆サスペンション
固体粒子が液体中に分散したものをサスペンション(懸濁剤)と呼びます。
懸濁性注射剤や懸濁性点眼剤などがサスペンションの製剤で、その多くは「粗大分散系」に分類されます。

【薬剤師国家試験の勉強法】105回現役合格者が徹底解説する【ロードマップ】 ごきげんよう、hori(@detemiru95)です! この記事を書いている人 hori 関東の私立薬学部(偏差値40付...