朝問

【国試対策】必須問題レベル【朝問291〜300】

↓朝問まとめはこちら↓

CBT&必須問題対策【朝問まとめ】 CBT&薬剤師国家試験の必須問題レベルになっています。 移動中の時間で復習に使ってください! ...

【薬理】著しい高血糖を招く可能性があるため、糖尿病の既往歴のある患者に禁忌なものはどれか?

1.スルピリド
2.クエチアピン
3.ハロペリドール
4.ファスジル

【正解】2.クエチアピン
副作用として高血糖・糖尿病性ケトアシドーシスを起こすため糖尿病患者や、糖尿病の既往歴のある患者に禁忌です。

【病態】てんかん重積発作の第一選択薬として用いられるものは?

1.クロナゼパム
2.ジアゼパム
3.クロバザム
4.ニトラゼパム

【正解】2.ジアゼパム
ジアゼパムは、過分極を生じて神経の興奮を抑えるてんかん重積発作の第一選択薬です。小児の熱性けいれん及びてんかんの痙攣発作に適応があります。副作用としては眠気やふらつきが見られます。

【実務】ゾレドロン酸による重大な副作用はどれか?

1.骨粗鬆症
2.顎骨壊死
3.便秘
4.縮瞳

【正解】2.顎骨壊死
ゾレドロン酸の重大な副作用として
急性腎不全、間質性腎炎、ファンコニー症候群
うっ血性心不全
低カルシウム血症
間質性肺炎
顎骨壊死・顎骨骨髄炎
外耳道骨壊死などが挙げられます

【実務】一定量の消毒薬を手掌にとって、乾燥するまで摩擦し、消毒する方法はどれか?

1.ラビング法
2.スクラブ法
3.スワブ法
4.ベースン法

【正解】1.ラビング法
擦式法とも言われ、特別な手洗い設備を必要としないため、簡便に手洗いができます。手洗いのコンプライアンスを下げる要因としては、頻回の手洗いによる手荒れが挙げられます。

【実務】TPN(完全絵静脈栄養)の施行時に、ビタミンB1が不足することで起こりやすい症状は?

1.乳酸アシドーシス
2.黄疸
3.貧血
4.敗血症

【正解】1.乳酸アシドーシス
ビタミンB1は、ピルビン酸代謝の重要な補酵素であり、その欠乏によりピルビン酸から乳酸への変換が優位となり、著しいアシドーシスが生じます。

【衛生】7品目の特定原材料に含まれないものは?

1.かに
2.えび
3.いか
4.そば

【正解】3.いか
「いか」は、特定原材料7品目には含まれないが、特定原材料に準ずる20品目には含まれています。特定原材料に準ずるもの20品目は過去に一定の頻度でアレルギーの発症件数が報告されたもので、表示が奨励されています(任意表示)

【実務】骨・関節・筋肉など身体で支え、動かす役割をする運動器の機能が低下し、要介護や寝たきりになるリスクが高い状態のことを指すものはどれか?

1.トリアージ
2.ロコモティブシンドローム
3.メタボリックシンドローム
4.サーベイランス

【正解】2.ロコモティブシンドローム
「運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態」のことを指し、2007年に日本整形外科学会によって新しく提唱された概念です。運動器症候群とも言われています。ここで言う運動器は、身体を動かすために関わる組織や器管のことで、骨・筋肉・関節・靭帯・腱・神経などを指します。

【実務】イトラコナゾールカプセルの適切な服用タイミングはどれか?

1.食直前
2.食間
3.食直後
4.就寝前

【正解】3.食直後
イトラコナゾールの錠剤またはカプセルは、空腹時に投与すると最高血漿中濃度は食直後の約40%にとどまってしまうため、空腹時ではなく食直後の服用が最適と考えられています。
イトラコナゾールの内用液は、製剤学的に吸収が高い薬剤となっているため、食事の脂肪成分に関わらず、吸収は良いと噛んがられています。

【薬理】適応症に「疥癬」がある薬剤はどれか?

1.エンテカビル
2.アルプラゾラム
3.プロプラノロール
4.イベルメクチン

【正解】4.イベルメクチン
イベルメクチンは
適応症に【腸管糞線虫症】【疥癬】があります。
作用機序は、細胞膜の透過性を上昇させ、寄生虫を麻痺させることで駆虫活性を発現します。

【実務】高度催吐性リスクに分類される抗悪性腫瘍薬はどれか?

1.エトポシド
2.ダカルバジン
3.ドセタキセル
4.フルオロウラシル

【正解】2.ダカルバジン
高度催吐性リスクの薬剤、レジメン
・AC療法(ドキソルビシン+シクロホスファミド)
・EC療法(エピルビシン+シクロホスファミド)
・イホスファミド
・エピルビシン
・シクロホスファミド
・シスプラチン
・ストレプトゾトシン
・ダカルバジン
・ドキソルビシン
・カルムスチン
・メクロレタミン

↓【この記事を読んだ人にオススメ】↓

【薬剤師国家試験の勉強法】105回現役合格者が徹底解説する【ロードマップ】 ごきげんよう、hori(@detemiru95)です! この記事を書いている人 hori 関東の私立薬学部(偏差値40付...