朝問

【国試対策】必須問題レベル【朝問281〜290】

↓朝問のまとめはこちら↓

CBT&必須問題対策【朝問まとめ】 CBT&薬剤師国家試験の必須問題レベルになっています。 移動中の時間で復習に使ってください! ...

【薬理】糖尿病性神経障害に伴う疼痛に適応のある選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SNRI)は?

1.エパルレスタット
2.ベンラファキシン
3.メキシレチン
4.デュロキセチン

【正解】4.デュロキセチン
脳及び脊髄の下行性抑制経路のニューロンを介する内因性の鎮痛機序に関与しています。

【実務】CYP3A4阻害作用を有する薬剤がお薬手帳に書いてあった患者に適しているベンゾジアゼピン系催眠薬はどれか?

1.フルニトラゼパム
2.ロルメタゼパム
3.トリアゾラム
4.ブロチゾラム

【正解】2.ロルメタゼパム
ロルメタゼパムは構造中に水酸基を持つので、主に直接グルクロン酸抱合され、排泄されます。
なのでCYP3A4阻害作用を有する薬剤と併用する際はロルメタゼパムが推奨されます。

【生物】心臓に流入した血液によって心房壁が伸展すると、心房壁に存在する伸展受容器が興奮し、反射的に心拍数や心収縮力を増加させ、心房内の血液を早く押し出そうとする反射はどれか?

1.ベインブリッジ反射
2.頸動脈洞・大動脈弓反射
3.膝蓋腱反射
4.頸動脈小体・大動脈小体反射

【正解】1.ベインブリッジ反射
ベインブリッジ反射は
大動脈内や心房内のうっ血➜心房壁の伸展受容器の刺激➜【求心性】の迷走神経の興奮➜延髄の心臓中枢➜交感神経の興奮のフローで、心拍数、心収縮力の増加に繋がります。
頸動脈洞・大動脈弓反射の場合は【遠心性】迷走神経の興奮なので、心拍数と心収縮力は減少します。

【生物】セレクチンの分泌部位は?

1.胃幽門部
2.十二指腸(S細胞)
3.ランゲルハンス島D細胞
4.ライディッヒ細胞

【正解】2.十二指腸(S細胞)
セクレチンは十二指腸のS細胞から分泌され、炭酸水素イオンに富む膵液の分泌を促進します。他にも肝細胞からの胆汁分泌促進作用やコレシストキニンの作用を増強するという生理作用があります。
ちなみにコレシストキニンは十二指腸のI細胞から分泌され、消化酵素に富む膵液の分泌を促進します。セクレチンとコレシストキニンは相乗効果があるので、一緒に覚えちゃいましょう🌼

【薬理】ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体(PPAR)αを刺激するのはどれか?

1.フェノフィブラート
2.コルヒチン
3.フルバスタチン
4.コレスチラミン

【正解】1.フェノフィブラート
PPARαを刺激し、リポタンパク質リパーゼ(LPL)を活性化してトリグリセリドの分解を促進します。
また、肝細胞内での脂肪酸のβ酸化も促進し、脂肪酸を減少させてトリグリセリドの合成を阻害する。

【薬理】破骨細胞の分化・誘導に関わるRANKLに対するヒト型IgG2モノクローナル抗体は?

1.ウステキヌマブ
2.デノスマブ
3.トファシチニブ
4.リツキシマブ

【正解】2.デノスマブ
RANK/RANKL経路を阻害し、RANKによる破骨細胞の活性化を抑制して、骨吸収を抑制し、がんによる骨病変の進展を抑制します。

【法規】「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体不調は自分で手当すること」を何というか?

1.フォーミュラリー
2.セルフメディケーション
3.クリニカルパス
4.アドヒアランス

【正解】2.セルフメディケーション
世界保健機関(WHO)では「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当すること」と定義しています。
フォーミュラリーは学術的には「疾患の診断、予防、治療や健康増進に対して、医師を始めとする薬剤師・他の医療従事者による臨床的な判断を表すために必要な継続的にアップデートされる医薬品のリストと関連情報と定義されています。

【法規】専ら薬局開設者等に医薬品を販売するのはどれか?

1.卸売販売業
2.配置販売業
3.店舗販売業
4.医薬品製造販売業

【正解】1.卸売販売業
医薬品卸売販売業者は、原則として薬局や店舗販売業などに医薬品を業として販売する者です。
医薬品医療機器等法第25条第3号にて定められています。

【病態】リケッチアの治療に用いられることが多い抗生物質はどれか?

1.マクロライド系抗生物質
2.ニューキノロン系抗生物質
3.テトラサイクリン系抗生物質
4.β-ラクタム系抗生物質

【正解】3.テトラサイクリン系抗生物質
リケッチアはクラミジアと同じく偏性細胞内寄生菌であるため、細胞膜透過性の低いペニシリン系やセフェム系などのβ-ラクタム系抗生物質は無効。治療には細胞膜透過性のよいテトラサイクリン系抗生物質が用いられる。

【薬理】シクロオキシゲナーゼをアセチル化し、不可逆的に酵素活性を阻害する非ステロイド性抗炎症薬はどれか?

1.チアラミド
2.ジクロフェナク
3.ピロキシカム
4.アスピリン

【正解】4.アスピリン
シクロオキシゲナーゼ(COX)のセリン残基をアセチル化することにより、不可逆的に酵素活性を阻害します。

【この記事を読んだ人にオススメ】

【薬剤師国家試験の勉強法】105回現役合格者が徹底解説する【ロードマップ】 ごきげんよう、hori(@detemiru95)です! この記事を書いている人 hori 関東の私立薬学部(偏差値40付...