薬剤師国家試験

【国試対策】必須問題レベル【朝問121〜130】

↓【朝問まとめ】はこちら↓

CBT&必須問題対策【朝問まとめ】 CBT&薬剤師国家試験の必須問題レベルになっています。 移動中の時間で復習に使ってください! >>朝問...

【化学】甲状腺機能亢進症の患者さんに【慎重投与】の漢方薬はどれか?

1.五苓散
2.当帰四逆加呉茱萸生姜湯
3.防風通聖散
4.当帰芍薬散

【正解】3.防風通聖散
防風通聖散は18種類の生薬が配合された漢方薬です🌱
麻黄を含むため甲状腺機能亢進症の患者さんには注意が必要なので【慎重投与】とされています。

【薬理】ベンゾジアゼピン系薬剤による鎮静の解除及び呼吸抑制の改善目的に用いられるものはどれか?

1.フルマゼニル
2.ナロキソン
3.レバロルファン
4.アセタゾラミド

【正解】1.フルマゼニル
ベンゾジアゼピン受容体を遮断することで、ベンゾジアゼピン系薬による呼吸抑制を改善します。

【病態】微小変化型のネフローゼ症候群で奏効するのはどれか?

1.副腎皮質ステロイド性薬
2.免疫抑制薬
3.利尿薬
4.HMG-CoA還元酵素阻害薬

【正解】1.副腎皮質ステロイド性薬
プレドニゾロンは
・微小変化型に著効を示す
・腎炎改善
・タンパク尿減少作用
などの特徴があります💁

【病態】急性糸球体腎炎の三大主徴に含まれない症状はどれか?

1.血尿
2.浮腫
3.低血圧
4.高血圧

【正解】3.低血圧
1〜3ヶ月持続する血尿や、GFRの低下でナトリウムと水の貯留をきたすことによる浮腫や高血圧が見られます。知識が抜けやすく覚えにくい部分ですが、過去の国試では出題されているので頭の片隅に🧠

【薬理】片頭痛の予防薬で用いられるCa2+チャネル遮断薬はどれか?

1.スマトリプタン
2.エルゴタミン
3.プロプラノロール
4.ロメリジン

【正解】4.ロメリジン
片頭痛の病期分類
【第1期(前兆期):血小板からのセロトニンの放出により頭蓋血管が収縮】
ロメリジンは血管拡張作用により片頭痛を予防を期待しています。
なので、ロメリジンを服用中に頭痛発作が現れた場合は、発作の寛解を図るための治療薬に切り替える必要があります。

【病態】重症筋無力症の検査で用いられる試験はどれか?

1.膝蓋跳動試験
2.バソプレシン試験
3.塩化エドロホニウム試験
4.高用量デキサメタゾン試験

【正解】3.塩化エドロホニウム試験
緩徐に静脈内注射し、指標とすべき症状の改善が得られたら陽性とする試験です👍
塩化エドロホニウムは速効性、短時間持続のChE阻害薬で治療には用いません。
膝蓋跳動試験→変形性関節症の検査です。
バソプレシン試験→中枢性尿崩症と腎性尿崩症の鑑別で用いられます。
高用量デキサメタゾン試験→クッシング病と副腎皮質腺腫の鑑別に用いられます。

【実務】適応症により投与期間の制限が異なる内服薬として、正しいのはどれか?

1.アテノロール
2.オメプラゾール
3.フルニトラゼパム
4.ロキソプロフェン

【正解】2.オメプラゾール
8週間の適応:胃潰瘍、吻合(ふんごう)部潰瘍、逆流性食道炎
6週間の適応:十二指腸潰瘍

【薬理】ヒスタミンH2受容体遮断作用を示すのはどれか?

1.メトクロプラミド
2.モサプリド
3.スルピリド
4.ファモチジン

【正解】4.ファモチジン
H2受容体遮断薬で、胃の壁細胞にあるヒスタミンH2受容体に選択的に結合することにより作用を発揮します。

【薬理】DNAトポイソメラーゼⅠを阻害して抗悪性腫瘍作用を示すのはどれか?

1.イリノテカン
2.ネダプラチン
3.マイトマイシンC
4.ブレオマイシン

【正解】イリノテカン
生体内で加水分解されてできた活性代謝物(SN-38)がトポイソメラーゼⅠと結合して、酵素活性を阻害することで、DNA合成を阻害します👋

【薬理】終板の持続的脱分極により骨格筋弛緩作用を示すのはどれか?

1.ベクロニウム
2.スキサメトニウム
3.A型ボツリヌス毒素
4.ダントロレン

【正解】2.スキサメトニウム
神経筋接合部終板のニコチン性AChのNm受容体に対してアゴニスト活性のある脱分極性筋弛緩薬で、筋終板の持続的脱分極を起こし、一過性の筋収縮の後、筋弛緩作用を示します🖖

【薬剤師国家試験の勉強法】105回現役合格者が徹底解説する【ロードマップ】 ごきげんよう、hori(@detemiru95)です! この記事を書いている人 hori 関東の私立薬学部(偏差値40付...