国試勉強

【国試対策】必須問題レベル【朝問11〜20】

【病態】メニエール病の典型的な病態及び症状に該当しないのはどれか?

1.浮動性めまい
2.難聴
3.耳鳴
4.耳閉感

【正解】1.浮動性めまい
浮動性めまいは、身体がフワフワ浮いているような感じやユラユラ揺れているような感じのめまいです。
脳血管障害、高血圧、うつ病に伴って現れる場合もあります。
ちなみに、メニエール病で見られるめまいは回転性めまいです。

【薬理】シクロオキシゲナーゼをアセチル化し、不可逆的に酵素活性を阻害するNSAIDsはどれか?

1.アスピリン
2.ピロキシカム
3.エトドラク
4.ジクロフェナク

【正解】1.アスピリン
アスピリンは、他のNSAIDsと異なりシクロオキシゲナーゼ(COX)のセリン残基をアセチル化することにより、不可逆的に酵素活性を阻害します。そのため、低用量で抗血小板薬として使用されます。

【病態】骨量に対する作用として、骨吸収抑制を主な作用機序としない骨粗しょう症治療薬はどれか?

1.ビスホスホネート製剤
2.エストロゲン製剤
3.ビタミンK2製剤
4.カルシトニン製剤

【正解】3.ビタミンK2製剤
ビタミンK2は、骨代謝に作用します。
具体的には、骨芽細胞が産生するオステオカルシンを、機能が発揮できる構造に変化させることで骨代謝が正常に行われるようにします。

【薬理】腫瘍壊死因子-α(TNF-α)と結合し、その作用を抑制するのはどれか?

1.ブシラミン
2.エタネルセプト
3.オーラノフィン
4.シクロスポリン

【正解】2.エタネルセプト
遺伝子組み換え完全ヒト型可溶性TNF-α/LT-α受容体製剤であり、TNF-α及びLT-αをおとり受容体として補足し、細胞表面の受容体との結合を阻害します。
サラゾスルファピリジンとの併用で白血球数が減少する可能性があることが注意です。

【病態】ハチ刺され等に起因するアナフィラキシー反応に対し、自己注射に用いられる昇圧薬はどれか?

1.イソプレナリン
2.ドパミン
3.アドレナリン
4.フェニレフリン

【正解】3.アドレナリン
○α1刺激による血管収縮からの急性昇圧作用
○β1刺激による心筋亢進からの強心・持続的昇圧作用
○β2刺激による気管支拡張作用
皮下注では血管収縮により吸収が遅延するため、筋注で投与することに注意。
また、自己注射は既往症がある場合のみ。

【薬理】抗ウイルス薬のラミブジンが阻害する酵素はどれか?

1.逆転写酵素
2.HIVプロテアーゼ
3.インテグラーゼ
4.ノイラミニダーゼ

【正解】1.逆転写酵素
ラミブジンの適応は「B型慢性肝疾患におけるB型肝炎ウイルスの増殖抑制」であり、B型肝炎ウイルスの逆転写酵素を阻害します。

【病態】催吐性リスクの高い抗がん薬に対する制吐療法に用いるのはどれか?

1.ラニチジン
2.パロノセトロン
3.オキセサゼイン
4.モルヒネ

【正解】2.パロノセトロン
CTZと消化管の求心性迷走神経末端の5-HT3受容体を遮断して嘔吐を抑えます。
パロノセトロンは遅発期にも使えるのが特徴です。

【病態】ALK融合遺伝子陽性の非小細胞肺がんに用いる薬物として最も適切なのはどれか?

1.ゲフィチニブ
2.クリゾチニブ
3.パゾパニブ
4.ソラフェニブ

【正解】2.クリゾチニブ
ALK(未分化リンパ腫キナーゼ)及びALK融合タンパク質キナーゼなどの活性を阻害します。

【病態】一般用医薬品の添付文書に記載する必要のない項目はどれか?

1.消費者相談窓口
2.改訂年月
3.製品の特徴
4.薬効薬理

【正解】4.薬効薬理
一般用医薬品の添付文書には「効能・効果」は記載されるが、医療用医薬品の添付文書と異なり、「薬効薬理」については記載されない。

ヘリコバクター・ピロリの除菌治療に用いられない薬物はどれか?

1.アモキシシリン
2.メトロニダゾール
3.ファモチジン
4.クラリスロマイシン

【正解】2.ファモチジン
壁細胞のH2受容体を競合的に遮断し、胃酸分泌を抑制します。
さらに胃酸分泌を抑制することで、胃内のpHが上昇し、トロンビンなどによる血液凝固能が改善するため消化管出血を防止します。

>>毎朝出題しているInstagramはこちら

【この記事を読んだ人におすすめ】

【第105回薬剤師国家試験】現役合格者の勉強法【237点】 ごきげんよう、薬剤師のhori(@detemiru95)です! 105回薬剤師国家試験の勉強をして個人的に後悔したことがたくさん...