国試勉強

【国試対策】必須問題レベル【朝問1〜10】

Instagramストーリーで出題している問題です!

>>毎朝出題しているInstagramはこちら

【病態】膵がんとの関連が最も高い腫瘍マーカーはどれか?

1.AFP
2.PSA
3.CTFRA 21-1
4.CA 19-9

【正解】4.CA 19-9
CA19-9は、ヒト大腸がん細胞(SW1116)をマウスに免疫して作製されたモノクローナル抗体が認識する糖鎖抗原です。消化器系腫瘍のうち、特に膵臓・胆道がんで陽性率が高い。

【薬理】消化管のセロトニン5-HT4受容体を刺激することにより、胃腸運動を促進するのはどれか?

1.トリメブチン
2.モサプリド
3.ベタネコール
4.ドンペリドン

【正解】2.モサプリド
胃や十二指腸に存在する5-HT4受容体を刺激することで、AChの遊離を促進し、胃腸運動を促進します。
服薬指導のときは、『胃腸の働きを良くする薬で吐き気や食欲不振、胸焼けなどに用います』と伝えていました。

【病態】心電図上QT間隔の延長を誘発する可能性が最も高い抗不整脈薬はどれか?

1.メキシレチン
2.ベラパミル
3.アミオダロン
4.プロプラノロール

【正解】3.アミオダロン
QT延長を引き起こす抗不整脈薬は
Ⅰa群:キニジン、プロカインアミド、ジソピラミドなど
Ⅲ群:アミオダロン、ソタロール、ニフェカラントなど

【薬理】前立腺がん治療に用いるアンドロゲン受容体遮断薬はどれか?

1.フルタミド
2.テストステロン
3.レトロゾール
4.メテノロン

【正解】1.フルタミド
前立腺がんを治療する薬です。前立腺組織の男性ホルモン受容体において、男性ホルモンのジヒドロテストステロンと拮抗し、受容体への結合を阻害することにより、前立腺がんが増殖しにくくなります。

クッシング症候群の臨床症状及び所見に該当するのはどれか?

1.筋力増強
2.皮膚の肥厚
3.低血糖
4.中心性肥満

【正解】4.中心性肥満
クッシング症候群の臨床症状や所見は、内因性コルチゾールの作用に基づくので
・筋力低下
・皮膚萎縮
・高血糖
・中心性肥満
・高血圧
ここらへんを押さえておくと、類題にも対応できます。

【薬理】腎において尿酸の再吸収に関わる輸送体を阻害する痛風・高尿酸血症治療薬はどれか?

1.ベンズブロマロン
2.フェブキソスタット
3.コルヒチン
4.ラスブリカーゼ

【正解】1.ベンズブロマロン
他に尿酸の再吸収を阻害する薬として、プロベネシド、ブコロームがあります。
ブコロームは抗炎症、抗リウマチ作用があるのが特徴です。

【病態】中枢性尿崩症の病態について、正しいのはどれか?

1.バソプレシンの分泌が低下する
2.オキシトシンの分泌が低下する
3.血清Na値が低下する
4.尿浸透圧が上昇する

【正解】1.バソプレシンの分泌が低下する
尿崩症は”中枢性”と”腎性”に大別されます。
・中枢性尿崩症はバソプレシンの分泌不全
・腎性尿崩症はバソプレシンの感受性低下
血清Naは水分喪失や腎血流量低下によりRAA系が活性化され、増加します。

【薬理】血小板のプロスタノイドIP受容体を刺激して、血小板凝集を抑制するのはどれか?

1.ベラプロスト
2.シロスタゾール
3.ダルテパリン
4.ナファモスタット

【正解】1.ベラプロスト
慢性動脈閉塞症や肺高血圧症の治療に用いられます。 血小板上のプロスタノイドIP受容体を刺激 →Gsタンパクを介してACが活性化 →血小板内のcAMPが増加 →Ca2+ストアに遊離Ca2+が取り込まれる →血小板凝集が抑制される。
肺高血圧症の薬物治療は、面白いので調べてみてください!

【病態】低血糖の典型的な症状及び状態に該当しないのはどれか?

1.意識レベルの低下
2.発汗
3.動悸
4.体温上昇

【正解】4.体温上昇
グルコース不足によって、エネルギー産生が低下するため、体温も低下します。

【薬理】好中球前駆細胞の分化・増殖を促進する顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)製剤はどれか?

1.ダルベポエチンアルファ
2.ミリモスチム
3.フィルグラスチム
4.ダントロレン

【正解】3.フィルグラスチム
〇〇グラスチムは、G-CSF製剤って覚えればOKです!
他にもフィルグラスチム、ナルトグラスチム、レノグラスチム、ペグフィルグラスチムがあります。

>>【国試対策】必須問題レベル【朝問11〜20】
>>【国試対策】必須問題レベル【朝問21〜30】
>>【国試対策】必須問題レベル【朝問31〜40】

【この問題を解いた人におすすめ】

全国統一模試1位に国試の勉強法を聞いてみた朝問1年を記念して全国統一模試で1位に3連続輝いた方に国試勉強についてフォロワーさんから募集した質問をしてみました!国試勉強について不安な方にオススメの内容となっております。ぜひご覧ください。...